日本の旅とお土産
TOP | 旅行記 | 1,2日目 | 3日目

中山道宿場町巡り:1日目、2日目〜応用物理学会

☆各駅停車名古屋行
応用物理学会が愛知県春日井市の中部大学で開催された。僕にとっては初めての学会参加。
不安と期待を胸に新幹線代節約のため18切符を使い名古屋の宿を目指した。
発表は4日であるため、名古屋の宿のチェックイン時刻(15:00)に合わせて出発した。
一か月前の一人旅の経験を生かし、昼食は浜松べんがら横丁の学割うどんにした。やっぱり安い!
↑神奈川の海↑ ↑学割うどん↑ ↑浜松↑
☆高蔵寺、中部大学
15:00、無事に予定通りチェックイン。うわさ通り、繁華街の中心にあった。重い荷物を宿に置き、中部大学を目指した。
中部大学へは名古屋から中央本線で30分程度の高蔵寺駅からバスとなる。
目的の発表に間に合うようにとりあえず先を急いだ。
↑ホテル ル・ウエスト↑ ↑なぜかツインでラッキー↑ ↑@中部大学↑
☆まさかの人身事故
夕方の友達の発表後、皆は名古屋に行って飲み会。僕は、気になる発表があったのでその発表を聞いてから15分遅れで名古屋へ向かった・・・
これが悲劇の始まりだった・・・先行する列車が人身事故、運転再開の見込みなしの状態で、乗り換え路線がない新守山駅で長時間停車。
しばらく待つも、一向に動かないのでバスを利用して地下鉄の大曽根駅まで移動し、名古屋へ。
ロスタイムおよそ90分。翌日発表なので元から気が進まなかった飲み会だが、夕飯食べてないので一応行くことに。安くすんだので結果オーライか。夜、宿にて最終調整をして就寝。

☆いざ発表!
翌日、再び中部大学へ。午前中は興味があるセッションの発表を聞いて過ごした。
午後はいよいよ発表だ。16:20〜で発表10分、質疑5分。午後は何だかんだでぎりぎりまで調整して臨んだ。
発表中はガチガチに緊張しててたくさんの聴衆は全く視界に入ってませんでした(笑)
10分ほぼジャストで発表は終了し、魔の質疑タイム。5分がこんなに長いとは。割とたくさんの質疑が出たけど結構答えられたと思う。
しかし、やっぱ専門家ってすごいと感じた。みんな熱心だし目のつけどころがシャープだった。
終わったときにはものすごい汗でしたが、いい体験ができたと思う。
他の人の発表を聞くことも含め、学会ってなかなか面白いものだなぁと思った。
発表後に少し他の発表を聞いて、中部大学を後にした。高蔵寺駅から中央本線をさらに下り今日の宿泊地、中津川へ移動した。
↑名古屋駅↑ ↑中部大学↑ ↑中津川↑
☆中津川グリーンホテル
今日の宿は、駅から徒歩数分の好立地。しかし、学会作業で余裕がなくて発表終了後に電話予約した宿だ。
到着してみると・・・かつて経験したことがないほどボロい;ゆーれいでそう。・・・マジで。
6Fが大浴場と書いてあったのでひとまず足を運んでみると薄暗いフロアに洗濯機が2台・・・
家族風呂と称された狭い空間と展望風呂と称された湯が張ってない風呂が・・・
一応、風呂なのでところせましと鏡があって本当にもう涙目(´Д`)5Fの部屋まで階段で下るがこれまたマジで怖い。
ちなみに6Fから存在しない上の階ににいけそうな階段が見えましたが勇気が足りなかった↓
明日見たらその階段なかったりして・・・w部屋ももちろんオンボロで清潔感もあんまり・・・
トイレの流れが悪く、この勢いで大は流れるのだろうかとか考えてしまった(笑)
まぁ、「住めば都」という言葉があるように慣れれば大したことない・・・かな。
昨日の名古屋の宿ではシングル頼んだのにツインの広い部屋に案内されのが懐かしい(笑)
長居する気はないので諦めて、夕食へ。近くにあった山品といううなぎ屋でミニうな丼980円を食べたが、これは大満足だった。
とりわけ何もすることがないので疲れをとるために早めに就寝した。
↑ホテル外観↑ ↑中山道↑ ↑ミニうな丼↑
TOP | 旅行記 | 1,2日目 | 3日目
SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO